プチ整形ではまぶたを一重から二重にする|一重まぶたを治すには

リスクの少ない目元の整形

笑顔の医者

切らない整形が人気

整形施術というとお金持ちが利用するイメージがありましたが、最近は施術方法が豊富になり、気軽に利用できる整形方法も増えています。メスを使用しない、切開しない整形はプチ整形と呼ばれて人気があります。プチ整形は切開しないため、傷跡が残るリスクや感染症が起こるリスクが回避でき、施術時間が短時間で済みます。また、施術後のダウンタイムも少なく、入院する必要もありません。すぐに日常生活に戻ることができるので、周りにばれずに整形することが可能です。切開する施術よりも、費用が安く済む傾向もあることなどが人気の理由です。整形で人気がある施術のひとつが二重整形です。この二重整形も種類が豊富にあり、中でも切らずにできる二重プチ整形施術はとても人気があります。

糸で留めるだけの埋没法

二重プチ整形施術は、埋没法と呼ばれるものです。まぶたを二重にひだをつくったら、髪の毛よりも細い糸で留めるだけという方法です。糸を留める数によって、1点留め〜6点留めなどがあります。施術時間は短いところで10分程度で終わります。まぶたに脂肪や皮膚の厚みがあまりない人に向いている方法で、自然な二重に仕上がりになることがメリットです。まれに時間が経つと糸が取れたり、ゆるんだりして二重が取れてしまうことがありますが、逆に言えば、埋没法は気に入らなければやり直しが効く方法です。切開して二重にする方法は半永久的な効果が得られますが、やり直しは効きません。気軽に二重になれる施術方法として、今後も人気となっていくと考えられます。